メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中央軍司令官

シリア撤収「日程未定」

 【ワシントン古本陽荘】米軍で中東を総括するボーテル中央軍司令官は7日、下院軍事委員会の公聴会に出席した。シリアにおける過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘に関して「現時点で特定の日までに撤収を完了しろとの圧力はない」と述べ、日程ありきで米軍がシリアから撤収することはないとの考えを示した。

 IS残党は現在、イラク国境の狭い地域に…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです