メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
eye

見つめ続ける・大震災 思い背負って出発進行 岩手・宮古-釜石間再開

訓練で大槌町内を走行する上居卓巳さんの乗る列車。沿線では巨大な防潮堤の建設が進む=岩手県大槌町で2019年2月10日、渡部直樹撮影

 東日本大震災から間もなく8年。津波で甚大な被害を受け運休していたJR山田線の、岩手県宮古市と釜石市を結ぶ区間が北リアス線と南リアス線を運行する第三セクター「三陸鉄道」に移管され、3月23日に運行を再開する。再開後は南北リアス線と統合され、同県久慈市と大船渡市を結ぶ「リアス線」と改称される。

 「寂しさもあるよ。まだまだこれからって感じだな」。再開に向けた訓練走行の合間にJRから出向している運転士、上居卓巳(かみいたくみ)さん(58)は車窓から見た沿線の景色を振り返った。

 上居さんは20年以上にわたって、山田線の運転をしていた。震災当時は釜石駅にいて無事だったが、仲の良…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです