メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロレス

人気復活支えた愛と意地 テレ朝「ワールドプロレスリング」50年 松本仁司総合ビジネス局次長に聞く

相手に向かって飛ぶ新日本プロレスのエース、棚橋弘至選手。キャッチフレーズは「100年に一人の逸材」。新日本を低迷から復活へけん引した(C)新日本プロレス

 プロレス人気が再燃している。ブームを担う新日本プロレス(新日本)の試合を中継してきたテレビ朝日系「ワールドプロレスリング」(土曜深夜2時=地域で異なる)が7月、放送開始50年を迎える。番組の“生き字引”であるテレ朝の松本仁司・総合ビジネス局次長に、低迷期も放送し続けた番組の歩みを聞いた。【犬飼直幸】

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文1939文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです