東日本大震災8年

まち消えた、広島と同じ 被爆の記憶と重なる荒野 岩手の92歳「恐ろしさ忘れるな」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ひ孫の駆さん(右)に、東日本大震災の津波後に広がった光景と原爆投下で焼け野原となった風景が重なったことを説明する千葉匡一さん=岩手県大船渡市で、神内亜実撮影
ひ孫の駆さん(右)に、東日本大震災の津波後に広がった光景と原爆投下で焼け野原となった風景が重なったことを説明する千葉匡一さん=岩手県大船渡市で、神内亜実撮影

 「津波を見て、広島の光景と重なったんだ」。岩手県大船渡市大船渡町の行政書士、千葉匡一(きょういち)さん(92)は、自宅で静かに振り返った。19歳の時、広島に投下された原爆で被爆。長年秘めてきた記憶が東日本大震災でよみがえった。これまで隠してきた被爆体験を知人やひ孫に2年前から語り始めた。「まちが消える悲劇を伝えなくては」。卒寿を過ぎてそんな思いを強めている。【神内亜実】

 自宅の外を指さしながら、千葉さんは震災当時に押し寄せた津波の光景を説明すると、高校2年のひ孫、駆(かける)さん(17)が神妙な面持ちで聞いた。千葉さんは「広島で見た焼け野原を思い出したよ」と話した。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文990文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集