メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

まち消えた、広島と同じ 被爆の記憶と重なる荒野 岩手の92歳「恐ろしさ忘れるな」

ひ孫の駆さん(右)に、東日本大震災の津波後に広がった光景と原爆投下で焼け野原となった風景が重なったことを説明する千葉匡一さん=岩手県大船渡市で、神内亜実撮影

 「津波を見て、広島の光景と重なったんだ」。岩手県大船渡市大船渡町の行政書士、千葉匡一(きょういち)さん(92)は、自宅で静かに振り返った。19歳の時、広島に投下された原爆で被爆。長年秘めてきた記憶が東日本大震災でよみがえった。これまで隠してきた被爆体験を知人やひ孫に2年前から語り始めた。「まちが消える悲劇を伝えなくては」。卒寿を過ぎてそんな思いを強めている。【神内亜実】

 自宅の外を指さしながら、千葉さんは震災当時に押し寄せた津波の光景を説明すると、高校2年のひ孫、駆(…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文990文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです