メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの90年代

女子高生ブーム×映画「SUNNY」大根仁監督 世界の中心を生きた実感

90年代を描いた映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の大根仁監督=東京都品川区で、花澤茂人撮影

「自作自演」のファッションや文化

 昨年公開された映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」は1990年代に青春を過ごした女子高生たちの姿を20年後の今と重ねながら、人生の輝きを描いた作品だ。大根仁監督(50)はあの時代をどう捉え、現在、そして未来とのつながりをどう考えたのか。90年代を振り返ってきた連載の締めくくりに聞いた。【花澤茂人、須藤唯哉】

 映画は、何不自由ない日々の暮らしにどこか物足りなさを感じている専業主婦の奈美(篠原涼子)が、高校時…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2050文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです