メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

追憶の父、つながる味 門司港駅「みかど食堂」あす復活 元コック長の娘

 6年以上に及ぶ保存改修工事を終えたJR門司港駅(国重要文化財、北九州市門司区)の10日のグランドオープンに合わせ、かつて駅舎内で営業していた高級レストラン「みかど食堂」が38年ぶりに復活する。コック長をしていた父を幼いころに亡くした同区の内山昌子(まさこ)さん(78)は、美しくよみがえったネオルネサンス様式の駅舎に復元されたレストランで、記憶の中の父に再会するのを心待ちにしている。【宮城裕也】

 みかど食堂は1914(大正3)年の現在の門司港駅舎(当時は門司駅)開業と同時に2階で営業を始めた。…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです