メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

独自判断で難逃れた例も 経験踏まえ、避難マニュアル見直し 震災時のJR東社長・清野智さん /宮城

 東日本大震災発生時のJR東日本社長である清野智さん(現同社顧問)が毎日新聞社のインタビューに応じ、震災当時、仙石線の運転士や車掌が独自の判断で高台に停車して津波の難を逃れたことなどを証言した。こうした経験から、同社は震災後、避難マニュアルを見直し、8日には新マニュアルに沿った訓練も実施された。【山田研】

 (2011年3月11日で)非常に印象に残っているのが、テレビで見た津波。すべてがショッキングな映像…

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです