東日本大震災8年

処理水処分、風評考慮を 海洋放出、決め切れぬ 東電福島第1廃炉推進 小野明・最高責任者 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故から間もなく8年を迎えるのを機に、東電福島第1廃炉推進カンパニーの小野明・最高責任者が毎日新聞のインタビューに応じた。第1原発構内のタンクで保管する、放射性トリチウムを含んだ処理水の処分方法については、海洋放出に限らず、風評被害も考慮した幅広い議論が必要だとの考えを示した。【聞き手・柿沼秀行】

 --処理水の処分をめぐる昨夏の公聴会では、海洋放出などに反対する意見が続出した。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文808文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集