東日本大震災8年

記憶を風化させない 桐生市職員ら被災地で撮影 市役所で写真60枚展示 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で現地に派遣された桐生市職員らが当時の被災状況や復興の様子を収めた写真60枚が、桐生市役所1階で展示されている。平日のみ。13日まで。

 この写真展は「3・11大震災の記憶」と題し、今年で3回目。今年は、現在桐生市職員2人が派遣されている宮城県石巻市の写真を展示。石巻市職員が撮影した地震発生直後の津波や火災の様子のほか、派遣職員が写した復…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集