特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

雑草魂

’19センバツ習志野 第4部・選手紹介/4 根本翔吾中堅手/竹縄俊希左翼手 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
習志野の根本翔吾中堅手=甲府市の山日YBS球場で、秋丸生帆撮影 拡大
習志野の根本翔吾中堅手=甲府市の山日YBS球場で、秋丸生帆撮影

 <第91回選抜高校野球>

攻守でチームをけん引 根本翔吾中堅手(2年)

 チームを救うビッグプレーで観客を沸かせた。関東大会1回戦の桐生第一戦。同点の延長十三回裏1死二、三塁で、中飛をつかむと、素早くダイレクトスローで三走を刺した。サヨナラ犠飛のピンチを救い、センバツ出場に近づいた。

 成田市の実家は米農家。収穫の時期には田んぼに入って稲を運ぶのを手伝い、あぜ道を駆け回って遊んだ。開放的な環境で育ったからなのか、小林徹監督は「嫌みのない性格で素直に自分の考えを伝えられる。人を味方につける才能を持った子」と表現する。

 中学では強豪の佐倉リトルシニアで3番・中堅手として全日本中学野球選手権大会3位に輝いた。主将を務めながら、秋の公式戦はチームトップの16安打10打点。攻守でチームの要であることを示した。入学時は線が細かったが、冬を越えて体幹が一回りたくましくなった。

 「いつも野球のことばかり考えている」と語り、就寝前や登校前などに時間があれば野球の動画を眺めて、活躍する自分の姿をイメージする。「甲子園では楽しくのびのびとプレーしたい」

ねもと・しょうご

 (1)左・左(2)168センチ、65キロ(3)成田市立成田中(4)甲子園のファインプレー集を見る(5)イチロー(マリナーズ)

俊足のチャンスメーカー 竹縄俊希左翼手(2年)

習志野の竹縄俊希左翼手=甲府市の山日YBS球場で、秋丸生帆撮影 拡大
習志野の竹縄俊希左翼手=甲府市の山日YBS球場で、秋丸生帆撮影

 地面と垂直に構えたバットをコンパクトに振り抜く。1番打者として県大会では安打を量産。50メートル6・2秒の快足を生かし、秋の公式戦でチームトップの5盗塁を決めたチャンスメーカーだ。

 2人いる主将のうちの1人。小林監督は「高校生には珍しくチームを俯瞰(ふかん)して見る『鳥の目』を持っている」と評価する。

 一塁コーチとしてベンチ入りした昨夏の西千葉大会準決勝では、サヨナラ本塁打で甲子園出場を逃した先輩の姿を見て、「1球の怖さを実感した」。昨年10月から主将になると、嫌われ役になることをいとわず、ミスをした選手に「その1球で負けるんだぞ」と声を荒らげてきた。

 「将来は人を助ける仕事がしたい」と語り、消防士になるのが夢。真面目な性格で、「冷静で指示が的確」と仲間の信頼も厚い。「地元の人に応援してもらえるのが励みになる」と自宅から通える習志野に進んだ。「甲子園で活躍してお世話になった人たちに恩返ししたい」と意気込む。

たけなわ・としき

 (1)右・右(2)170センチ、64キロ(3)八千代市立萱田中(4)Jポップ鑑賞(5)赤星憲広(元阪神)


データの見方

(1)投・打(2)身長、体重(3)出身中学校(4)趣味・好きなこと(5)憧れの人

あわせて読みたい