特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

春に挑む・国士舘センバツへ

選手紹介/15 渡辺彪外野手(2年) 一振りで仕留めたい /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国士舘の渡辺彪外野手=東京都多摩市の同校グラウンドで、川村咲平撮影 拡大
国士舘の渡辺彪外野手=東京都多摩市の同校グラウンドで、川村咲平撮影

 <第91回選抜高校野球>

 自分の役割を「代打要員」と考える。昨秋の大会で無安打に終わった悔しさを糧にして「センバツでは一振りで仕留められる打撃を見せたい」と雪辱に燃える。

 中学時代は「バントや逆方向への打撃を意識する打者」だった。長距離ヒッターではなかったが、国士舘に進学後、1年の夏に参加した関西遠征が転機となった。

 池田泉コーチに「初球を思い切り振ってこい」と言われ、フルスイングした打球が右翼手の頭上を越えた。遠征中の打率は5割を突破。「自分の長打力に少し自信がついた」という。

 昨秋から不調が続き、1年の時の打撃フォームに戻した。バットを構えた際に少し角度を立てたところ、早速紅白戦で2安打を放った。「センバツではこの打ち方でいきたい」。持ち前の打撃力を取り戻そうと必死だ。

 グラブに「雲外蒼天(うんがいそうてん)」の刺しゅうを入れた。「努力すれば青い空が見える」。そう信じて、連日バットを振り続けている。【川村咲平】=つづく


 ▽右投げ左打ち▽身長175センチ▽体重76キロ▽出身・武蔵府中シニア

関連記事

あわせて読みたい