メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県政の行方

2019知事選 決戦前夜/下 対決予兆、前回選から 長き蜜月、ほころびの芽顕在化 /福井

街中に設置された福井県知事選のポスター掲示場=福井市で、大森治幸撮影

 前哨戦から火花を散らす2人に、ボタンのかけ違いはなかったのか。ともに総務(旧自治)省の出身で知事選への出馬意向を明らかにした、現職の西川一誠(74)と元副知事の杉本達治(56)。4期16年にわたる西川県政のうち、杉本は総務部長と副知事とでそれぞれ3年を仕えた。長きにわたった蜜月から杉本は後継者とも目されたが、西川が禅譲に傾くことはなかった。

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです