東日本大震災8年

福島第1原発事故 被災地、福島を忘れないで 名古屋で写真・資料展 復興への歩み記録した20点 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の記憶の風化を防ごうと福島県名古屋事務所が、写真や資料を集めた展示会「ふくしま復興のあゆみ」を名古屋市中区栄の地下街で開いている。

 会場には被災直後の県内の様子や避難所での生活、原発事故後の除染作業などを記録した20点の写真がパネルやタペストリーで掲示されている。

 同事務所では例年この時期、写真の展示を行ってきたが、今回初めて震災を伝える資料も加えた。地震の発生後に止まった浪江町の公民館の時計、津波到達時間で止まったままの小学校の時計、除染作業で使用されたスーツ、復興を支援しようと全国から寄せられた折り鶴などが並んでいる。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文412文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集