特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

頂点へ

東邦 平成最後の春に 部員紹介 斎田隼投手(3年) けがを治し大舞台へ /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東邦の斎田隼投手=名古屋市名東区で、高井瞳撮影 拡大
東邦の斎田隼投手=名古屋市名東区で、高井瞳撮影

 <第91回選抜高校野球 センバツ高校野球>

 力のあるスライダーやフォークを武器にした思い切りのいい投球が武器だ。先輩からのアドバイスで投球フォームを改善、昨秋の東海大会でもメンバー入りを果たした。

 入学時は、肘が先に出る投げ方が招き猫に似ていることから木下達生コーチに「にゃんこ」と呼ばれていた。この投げ方では肩や肘への負担が大きい上にコントロールが定まらなかった。改善しようと練習をしていた時に手伝ってくれたのが、「元祖にゃんこ」の先輩、西有喜さんだった。

 練習後の居残りに付き合ってくれ、丁寧に投球の方法を教えてくれた。スマートフォンには、西さんが見本で見せてくれた投球フォームの動画がいくつも入っており、今でも空いた時間に参考に見ているという。

 昨夏、県大会の決勝で負け、引退した西さんと焼き肉を食べに行った。「自分の分もがんばれと託された気持ちがした」と語る。

 1月に、疲労骨折で右肩を負傷し、思うような投球はできないが、体の柔軟性を高めるためにストレッチをしたり、体幹を鍛えたりしている。

 センバツに向け、「早くけがを治して力を付け、大舞台で投げてみたい。勝って先輩に報告したい」と意気込んでいる。【高井瞳】=随時掲載


181センチ、78キロ

右投げ、右打ち

名古屋市立瑞穂ヶ丘中出身

投手

 <マネジャーから一言>

「プロ野球スピリッツA」という野球ゲームが部内で一番うまい。LINEで送ってくるスタンプがかわいい。

関連記事

あわせて読みたい