メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

身近な道具で緊急対応 NPO法人しがいち防災研究所理事長 岩佐卓實さん(66)=野洲市 /滋賀

NPO法人しがいち防災研究所理事長の岩佐卓實さん=滋賀県栗東市安養寺のコミュニティーセンター治田東で、礒野健一撮影

地域密着の防災活動

 昨年8月に設立された元消防士らによるNPO法人「しがいち防災研究所」(草津市野路1)。災害現場を経験したメンバーが、地域に密着した防災活動や、身近な道具を使った緊急対応策などを伝え、好評を得ている。元湖南広域消防局長で研究所理事長を務める岩佐卓實さん(66)に話を聞いた。【礒野健一】

 ◆「しがいち防災研究所」を設立するきっかけは?

この記事は有料記事です。

残り1363文字(全文1539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです