メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食物アレルギー

外食楽しく、体質に応じたランチ提供 栄養士の冨井さん、来月に平野でカフェ /大阪

食品関係のイベントで米粉のスコーンなどを販売する冨井聖子さん(中央)。左隣が長女智爽さん、右隣は長男遥人(はると)さん=大阪市中央区で、金志尚撮影

 松原市の栄養士、冨井聖子さん(31)が、食物アレルギーのある人らも気軽に利用できるカフェを4月から始める。客の体質に応じてアレルギー物質をあらかじめ取り除くなど、「オーダーメード」型のランチを提供するのが特徴で、冨井さんは「『ここなら安心して食べられる』と思ってもらえる場所にしたい」と思い描いている。【金志尚】

 カフェは大阪メトロ谷町線長原駅(大阪市平野区)から徒歩約5分の場所に開く「ファリーヌ」。フランス語で小麦粉を意味する言葉だが、店のコンセプトは小麦粉を全く使わない「グルテンフリー」だ。米粉でつくるスコーンなどを用意するほか、ランチは完全予約制にしてアレルギーのある客の体質に応じた献立を組み立てる。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  3. 香川ゲーム条例 違憲訴訟を起こす高校生を突き動かした思いとは

  4. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  5. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです