特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

挑む!2019センバツ明石商

選手紹介/4 杉戸理斗投手/清水良内野手 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明石商の杉戸理斗投手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影 拡大
明石商の杉戸理斗投手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

 <第91回選抜高校野球>

体幹鍛えフォーム安定 杉戸理斗投手(2年)

 直球、変化球ともコントロール良く投げられる左腕。他の投手が活躍するのを見ると「負けたくない」と自分を鼓舞してきた。冬の間に体幹トレーニングに力を注ぎ、フォームがさらに安定したと実感している。

 中学まで軟式でプレーし、明石商で本格的に硬球を握った。当初の球速は110キロ台。下半身を強化するため、グラウンド横の石段を駆け上がる筋トレを「誰にも負けないくらい本気でやった」。その結果、球速は130キロ台に上がった。

 マウンドに上がると一礼し、気持ちが乗ると「もう少し低めや」「次は変化球か」などとつぶやく。「センバツではボール球をうまく使って打ち取りたい」。大舞台に立つイメージはできている。

 ◆投手▽身長175センチ、体重76キロ▽左投げ左打ち▽宝塚・長尾中


グラブに「不撓不屈」 清水良内野手(2年)

明石商の清水良内野手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影 拡大
明石商の清水良内野手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

 思い切りの良いスイングが持ち味で、昨秋の近畿大会決勝では直球をうまく左中間に運ぶなど2安打を放った。昨夏の甲子園で負けた悔しさが忘れられず、今回は「最も長い春」にするために自分を追い込んできた。

 課題は守備という。冬は基礎を大切にしながら、ゴロをできるだけ体の前で処理する練習を繰り返してきた。中学3年の時からグラブに「不撓(ふとう)不屈」と刺しゅうし、つらい時に自らを奮い立たせてきた。

 4歳の時に空手を始め、体の切れが養われたと感じる。今は野球に明け暮れているが、機会があればまた空手もやってみたいと思う。「センバツでも思い切ったプレーを見せ、支えてくれた人や親に恩返しがしたい」

 ◆内野手▽身長178センチ、体重77キロ▽右投げ右打ち▽神戸・太田中

〔神戸版〕

次に読みたい

あわせて読みたい