メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

先見えぬ不安経験 卒論作成の戸惑いと焦燥感 /鳥取

 春の陽気が垣間見える3月を迎え、いよいよ大学を卒業します。来月には愛知県で社会人として新生活をスタートさせるのですが、つい先日まで卒業論文の作成に励んでいました。

 論文の作業を本格的に始めたのは昨年の11月です。他の研究室に所属する学生の進捗(しんちょく)具合を伝え聞いていた私は焦燥感に駆られていました。

 テーマは関心があった「ダイエット意識の変化」に決めていたのですが、調査方法を確立するまでに時間がかり、研究室に足しげく通い教授から指導を受けました。指導された内容を詰めていくことで、研究の目的や論文の終着点が明確になり、データを集める作業に移ることができました。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです