’19統一地方選

県議選の構図 6区で選挙戦へ 定数37に44人出馬表明 /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 知事選と同じ4月7日に投開票される県議選(29日告示)は、12選挙区(総定数37)に対し現職、元職、新人を合わせて44人が立候補を表明している(8日現在)。6選挙区で選挙戦となる見通しで、残り6選挙区は無投票の可能性がある。政党ごとの公認候補者数は自民19、立憲2、国民1、公明2、共産2。立候補予定者の顔ぶれを紹介する。【根岸愛実】

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文1884文字)

あわせて読みたい

注目の特集