特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

常笑高商

選手紹介/1 飛倉爽汰主将/香川卓摩投手 /香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高松商の飛倉爽汰主将=東京都新宿区の明治神宮野球場で、潟見雄大撮影 拡大
高松商の飛倉爽汰主将=東京都新宿区の明治神宮野球場で、潟見雄大撮影

 <第91回選抜高校野球>

走攻守でチームけん引 飛倉爽汰主将(2年)

 広角に打ち分ける打撃とチーム一の俊足で引っ張る。外野の要として守備でも貢献し、主将としてもチームをまとめる。

 小中学校は内野手や投手としてプレーしたが、高松商に入学してから外野手にコンバートされた。最初は戸惑いがあったが、「その分打撃に集中できた」とセンスが開花。1年生の秋からレギュラーとして活躍した。

 趣味は音楽を聴くこと。練習が終わった後に楽しむ洋楽などさまざまなジャンルの音楽で、リラックスしている。

 尊敬する人は米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手。プレーを参考にするだけでなく、「勉強をしっかりしており、野球以外の部分もお手本になる選手」と目標にする。

 甲子園では「自分が先頭打者として出塁して、チームを勢いづかせたい」と意気込んでいる。

強気の直球、エース左腕 香川卓摩投手(2年)

高松商の香川卓摩投手=東京都新宿区の明治神宮野球場で、潟見雄大撮影 拡大
高松商の香川卓摩投手=東京都新宿区の明治神宮野球場で、潟見雄大撮影

 強気なピッチングでエースとしてマウンドに立つ。165センチ、62キロと体格に恵まれているわけではないが、直球の威力は十分。打者としても3番を任され、攻守共にチームの中心だ。

 「自分より体の大きい選手に負けたくない」という、負けん気の強さが持ち味。好きな野球選手は米大リーグ・マリナーズの菊池雄星投手とプロ野球楽天の松井裕樹投手。同じ左腕としてフォームなどを参考にしようと、録画している試合の映像を繰り返し見ている。

 好きな食べ物は「甘いもの」。練習終わりに友達と一緒にクレープやパフェを食べに行くのが楽しみだという。対戦したいチームは、昨秋の明治神宮大会で敗れた星稜(石川)。「冬のトレーニングで成長している。秋とは違うという所を見せてリベンジをしたい」と語る。


 23日の開幕まで2週間に迫ったセンバツ。活躍が期待される選手らを紹介します。(この企画は潟見雄大が担当します)

関連記事

あわせて読みたい