メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展「明治第二ノ改革」

民権運動家の言葉に迫る 背景映す、植木らの史料 来月7日まで高知で /高知

企画展の会場には岡本一平が描いた板垣の似顔絵(右から二つ目)などが並ぶ=高知市桟橋通4の市立自由民権記念館で、郡悠介撮影

 自由民権運動に携わった高知ゆかりの人々をテーマにした企画展「明治第二ノ改革-自由民権-を志した人々」が、高知市立自由民権記念館(高知市桟橋通4)で開かれている。市出身の理論家・植木枝盛の論文や、運動の指導者・板垣退助の写真、似顔絵などの史料34件が並ぶ。4月7日まで。【郡悠介】

 明治維新150年の節目だった昨年から開催する企画展で、民権運動家たちが残した数々の「名文句」に着目した。例えば、植木は1877(明治10)年に立志社の機関誌「海南新誌」で「明…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです