メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

思い出を後に 福島・浪江

解体に備え、母トミノさん(享年89)の車いすが残された自宅を片付ける居村久男さん(66)。トミノさんは2年前、新潟県の避難先で亡くなった。父丒治さん(92)は神奈川県に避難し古里に戻る見通しは立っていないが、今も自宅の解体を拒んでいるという=福島県浪江町で2019年2月1日、喜屋武真之介撮影

 福島県浪江町の自宅で、居村久男さん(66)は思い出の品や日用品を外に運び出していた。畳の上には2年前に避難先で亡くなった母が使っていた車いすが残されていた。

 東京電力福島第1原発事故による避難指示は解除されたが、周辺に人の気配は乏しい。居村さんは古里に戻ることは諦め、町外から解体準備に通う。

 神奈川県の弟宅に身を寄せた92歳になる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです