メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

大津波8年=青野由利

昨年冬に再建したばかりの自宅に七段飾りのひな人形の写真を飾る煙山佳成さん=岩手県大槌町安渡2で

 <do-ki>

 3月2日の本紙夕刊を見て、あっと思った。紹介されていたのは岩手県大槌町の煙山佳成さん。昨年再建した自宅でひな人形の写真をひな壇に一枚ずつ飾っていた。

 町の消防団長だった煙山さんに初めて会ったのは2011年7月。津波で自宅を流され、妻、長男、義母の家族3人を失った。避難所の小学校で話を聞いた時、逃げろと強く言わなかったことを悔やむ気持ちが伝わり切なかった。

 自宅再建への思いもその後聞いていた。願いがかなったと知ってほっとすると同時に、妻が大事にしていたひな人形の話にこの歳月を思う。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです