メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

大津波8年=青野由利

昨年冬に再建したばかりの自宅に七段飾りのひな人形の写真を飾る煙山佳成さん=岩手県大槌町安渡2で

 <do-ki>

 3月2日の本紙夕刊を見て、あっと思った。紹介されていたのは岩手県大槌町の煙山佳成さん。昨年再建した自宅でひな人形の写真をひな壇に一枚ずつ飾っていた。

 町の消防団長だった煙山さんに初めて会ったのは2011年7月。津波で自宅を流され、妻、長男、義母の家族3人を失った。避難所の小学校で話を聞いた時、逃げろと強く言わなかったことを悔やむ気持ちが伝わり切なかった。

 自宅再建への思いもその後聞いていた。願いがかなったと知ってほっとすると同時に、妻が大事にしていたひ…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです