メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

景気判断

「最長景気」に黄信号 後退局面の可能性 中国減速影響

GDP成長率と景気

 景気の先行きに懸念が高まっている。米中貿易戦争などによる中国経済の減速が、輸出などに影響し始めているためだ。景気は後退局面に入った可能性が出ており、今年10月に消費税率10%への引き上げを控え日本経済は正念場を迎えている。【大久保渉、柳沢亮】

 「情報関連財を中心とした中国向けの輸出の弱含みもあり、注意が必要。経済運営に万全を期したい」。茂木敏充経済再生担当相は8日の閣議後記者会見で、企業業績に暗い影を落としつつある中国経済の先行きに警戒感を示した。

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスは、今春以降、自動車向け半導体などを製造する国内6工場の操業を最…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. TOKIO写真「SNSいいの?」 安倍首相が私的な会食アップ 賛否飛び交う  
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです