メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転

実用化への法整備、閣議決定 補償リスク、メーカーに重し

 条件付き自動運転(レベル3)を可能にする道路交通法改正案が閣議決定され、自動運転車の普及に向けた環境整備が進む。政府は2020年に高速道路での実用化を目指しており、大手自動車メーカーも開発にしのぎを削る。ただ実現には、緊急時に手動運転に切り替える際の技術の確立や、事故が発生したときの責任など課題も多い。

 自動運転技術を巡っては現在、アクセルやブレーキ、ハンドル操作を自動化する「レベル2」相当が普及して…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文713文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです