メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

コメ政策に矛盾はないか=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 コメの価格が上昇している。農林水産省によると2018年産米の全銘柄平均価格は、玄米60キロ当たり(消費税込み)1万5687円で前年比1%上昇した。4年連続の上昇だ。背景に何があるか。

 14年より「減反廃止」(米生産調整の見直し)政策が本格化し、主食用米から飼料用米への転換が進められている。収量に応じて10アール当たり5・5万~10・5万円支払われる仕組みだ。昨年はコメ政策が見直された。行政による生産数量目標の配分が廃止され、国が策定する需給見通しを踏まえ、生産者や集荷業者・団体が中心となって需要に見合った生産を行う形となった。作付けが自由化されたことで、昨年の主食用米の作付面積…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです