メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

コメ政策に矛盾はないか=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 コメの価格が上昇している。農林水産省によると2018年産米の全銘柄平均価格は、玄米60キロ当たり(消費税込み)1万5687円で前年比1%上昇した。4年連続の上昇だ。背景に何があるか。

 14年より「減反廃止」(米生産調整の見直し)政策が本格化し、主食用米から飼料用米への転換が進められている。収量に応じて10アール当たり5・5万~10・5万円支払われる仕組みだ。昨年はコメ政策が見直された。行政による生産数量目標の配分が廃止され、国が策定する需給見通しを踏まえ、生産者や集荷業者・団体が中心となって需要に見合った生産を行う形となった。作付けが自由化されたことで、昨年の主食用米の作付面積…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 政府三役人事 目立つ「大阪登用」 維新対策で「はく付け」の狙いか 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです