メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

福島第1原発事故 消えゆく、忘れ難き場所

 東京電力福島第1原発事故で長期の避難を余儀なくされた福島県内の地域で、建物の解体が急速に進んでいる。帰還困難区域では中間貯蔵施設や特定復興再生拠点区域(復興拠点)整備のために家々が取り壊され、避難指示が解除された地域でも原発事故前とほど遠い古里の現状に帰還を断念した人たちが少なくない。

 先祖から受け継いだ我が家、馬や牛を大切に育てた畜舎、職人たちの熱気に満ちていた作業場--。さまざまな思い出を刻んだ家屋や施設が消えていく。解体を控え、あの日までの日常に思いをはせる人たちの姿を追った。【写真・文 喜屋武真之介】

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1407文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです