メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
工芸の地平から

未来を<つくる>美術館=外舘和子

鳥取県立博物館で10日まで開催されている「Our Collections!」展に展示中の辻晉堂「拾得」(1958年、同館蔵)

 鳥取県が2024年度の開館を目指し、倉吉市に新美術館を準備中である。同県では自然・歴史・民俗・美術の全てを扱う県立博物館が1972年に開館し、工芸関係では白磁の人間国宝前田昭博や、民芸に学んだ濱田庄司、型染の岡村吉右衛門らの作品を収集し、洋画の前田寛治、陶彫の辻晉堂については既に日本の中心館である。また戦後、各地で明治以降を謳(うた)う「近代美術館」建設が進んだ中、藩絵師の日本画など近世-近代を通覧し得る展示施設としても貴重だ。いずれも起点には鳥取という核がある。

 同館の収集評価委員会では毎回、学芸員らによる綿密な作品調査資料は勿論(もちろん)、価格の妥当性を検…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1213文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです