プロ野球

オープン戦 オリックス7-1巨人 オリックス・西浦、菅野を攻略弾

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ■春風

 豪快な一発に球場全体がどよめいた。オリックスの高卒2年目・西浦が巨人のエース・菅野から3ラン。開幕スタメンに向けて大きなアピールとなった。

 四回2死一、二塁。打席に入る前に西村監督から「初球から積極的に打ちに行け」と助言された。1番・福田の四球の直後で、ストライクを取りに来た初球の内角高めの146キロの直球を引っ張り、右翼席へ一直線。「照れ隠しだった」と笑顔少なめにダイヤモンドを回り、「いい感触だったので、打った瞬間行ってくれ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

あわせて読みたい

注目の特集