メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

今、父の思い理解 福島・相馬で被災、東京で教員に 防災伝え、保護者と接し

避難訓練で児童を誘導する佐々木慎一郎さん=東京都港区で2019年3月8日午前10時3分、藤井達也撮影

 東日本大震災の被災地、福島県相馬市で生まれ育った佐々木慎一郎さん(26)は、東京都内の小学校の教員となってから間もなく3年になる。古里から遠く離れ、都会の子どもたちに、震災の体験と自然災害への心構えを伝えている。津波で亡くなった父は口やかましくて「大嫌い」だったが、教員として保護者と接するうちに、父への思いが少しずつ変化してきた。【寺町六花】

 「8年前、先生は福島にいました。みんなと同じ小学生も犠牲になった。でも、助かった人もいる。訓練は無…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1240文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです