メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライオン

百寿の雄たけび、最期まで 国内最高齢「ナイル」きょう25歳 京都市動物園、生と死の尊厳模索

国内最高齢のライオン「ナイル」=2019年3月2日、京都市動物園提供

 京都市動物園(同市左京区)の国内最高齢の雄ライオン「ナイル」が、9日で25歳となる。平均寿命は野生で10年、飼育下で20年とされ、人間でいえば100歳超。痩せ衰えた姿に来園者から「安楽死を考えるべきだ」という意見も寄せられたが、飼育員は「尊厳ある最期を迎えさせたい」とケアを続けている。【南陽子】

 同園によると、ナイルは1994年3月9日に和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで生まれ、97年7月に京都市動物園に移った。飼育期間は昨秋、山口県の周南市徳山動物園で2013年に死んだ雄「レオ」の24年6カ月を超えた。

 来園者に長年親しまれてきたナイルも近年は衰えが目立つ。以前は馬肉や鶏肉などを1日計5キロ食べていた…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです