メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライオン

百寿の雄たけび、最期まで 国内最高齢「ナイル」きょう25歳 京都市動物園、生と死の尊厳模索

国内最高齢のライオン「ナイル」=2019年3月2日、京都市動物園提供

 京都市動物園(同市左京区)の国内最高齢の雄ライオン「ナイル」が、9日で25歳となる。平均寿命は野生で10年、飼育下で20年とされ、人間でいえば100歳超。痩せ衰えた姿に来園者から「安楽死を考えるべきだ」という意見も寄せられたが、飼育員は「尊厳ある最期を迎えさせたい」とケアを続けている。【南陽子】

 同園によると、ナイルは1994年3月9日に和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで生まれ、97年7月に京都市動物園に移った。飼育期間は昨秋、山口県の周南市徳山動物園で2013年に死んだ雄「レオ」の24年6カ月を超えた。

 来園者に長年親しまれてきたナイルも近年は衰えが目立つ。以前は馬肉や鶏肉などを1日計5キロ食べていたが、今年2月には2キロしか食べない日も。体重は115キロでこの2年間で20キロ減った。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです