メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

攻防再び

大阪都構想/上(その1) 合意書暴露、後引けず 維公、昨年末「同志」暗転

「ダブル選」に向けて記者会見をする松井一郎・大阪府知事=大阪市中央区で2019年3月8日午後6時58分、山崎一輝撮影

 

 カメラの放列からシャッター音が響き、フラッシュがたかれる中、松井一郎大阪府知事は切り出した。

 「都構想をもう一度判断していただく公約を実現するため、公明党さんと協議してきたが、整った協議をほごにされた」

 8日夜の緊急記者会見。松井氏は連携相手と頼んできた公明への恨みを口にした。赤い「勝負ネクタイ」をした吉村洋文大阪市長は「国政も含めて公明党と戦う」と語気を強めた。

 ほぼ同じ頃、公明大阪府本部の記者会見で、佐藤茂樹代表は「維新との約束通り、慎重かつ丁寧な議論をして…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1327文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです