メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊仏で「一帯一路」協議へ 習主席、3月下旬から歴訪

習近平・中国国家主席=AP

 【北京・浦松丈二、パリ賀有勇】中国の習近平国家主席が全国人民代表大会(全人代)閉会後の3月下旬からイタリア、フランスを歴訪し、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の拡大を話し合う。欧米の同盟関係にくさびを打ち込み、米国をけん制する狙いがありそうだ。

 その後、習氏は米中通商協議の難局打開のため、米フロリダ州を訪れ、トランプ米大統領と直接会談する可能性もある。

 習氏は昨年11月末~12月初めにアルゼンチンでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせてスペ…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文822文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです