メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハチ公像「初代は迫力、2代目は優しく」 作者・安藤さん死去

現在の忠犬ハチ公の制作者で、1月に死去した安藤士氏=渋谷区郷土博物館・文学館提供

 「優しい犬を作ろうと思った」――。渋谷駅前広場にある2代目「忠犬ハチ公」の銅像を制作した彫刻家、安藤士(たけし)さんが1月13日、肺炎のため亡くなった。95歳だった。忠犬ハチ公の84回目の命日にあたる8日、渋谷区郷土博物館・文学館が公表した。【福沢光一】

 同館によると、安藤さんは晩年も穏やかな人柄は変わらず、区内の自宅で秋田犬の彫刻を作り続けていた。2017年夏ごろ老人ホームへ移り、18年夏ごろから狛江市内の病院に入院していた。

 初代のハチ公像は、安藤さんの父で彫刻家の安藤照(てる)さんが手がけ、1934年4月21日、渋谷駅前…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです