メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アポ電対策に有効 自動通話録音機貸し出しの自治体に問い合わせ殺到

アポ電の対策法

 東京都江東区で2月28日に起きた強盗殺人事件をきっかけに、「アポ電」(アポイントメント電話)への注意意識が高まっている。これまでは特殊詐欺特有の手口だったアポ電が、強盗事件で使われていた可能性があるためだ。アポ電対策に有効とされる自動通話録音機を貸し出している自治体の窓口には、住民からの問い合わせが殺到している。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 「不審な電話がかかってきた」「親が1人暮らしをしているので心配」。江東区役所には今、そんな問い合わ…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです