メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アポ電対策に有効 自動通話録音機貸し出しの自治体に問い合わせ殺到

アポ電の対策法

 東京都江東区で2月28日に起きた強盗殺人事件をきっかけに、「アポ電」(アポイントメント電話)への注意意識が高まっている。これまでは特殊詐欺特有の手口だったアポ電が、強盗事件で使われていた可能性があるためだ。アポ電対策に有効とされる自動通話録音機を貸し出している自治体の窓口には、住民からの問い合わせが殺到している。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 「不審な電話がかかってきた」「親が1人暮らしをしているので心配」。江東区役所には今、そんな問い合わせが相次いでいる。担当者は「みなさん、この間の事件のことを心配しているようです」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです