特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

震災救援を機に海猿 被災地捜索の班長「海は違っても家族の思いは同じ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
被災地での潜水捜索にあたった大戸賢司潜水班長=宮城県女川町で、米田堅持撮影
被災地での潜水捜索にあたった大戸賢司潜水班長=宮城県女川町で、米田堅持撮影

 2011年3月11日に発生した東日本大震災からまもなく8年を迎える7日、宮城海上保安部(宮城県塩釜市)が、震災による津波で行方不明になった人たちを同県女川町の桐ケ崎漁港周辺海域で捜索した。一人でも多くの不明者を家族の元に帰したい――。潜水捜索に当たった巡視船「くりこま」の潜水班長、大戸賢司主任通信士(31)は、震災時の混乱した現場を知らぬ若い潜水士たちとともに懸命で捜索に当たった。

 大戸さんは、震災時の救援・捜索活動をきっかけに潜水士となることを決意した。海上保安学校を卒業し、10年3月に新潟海上保安部の巡視船「やひこ」の通信士補となってまもなく起きた大災害だった。発生当日に緊急出港し、翌日未明に青森県の尻屋崎を越えて太平洋側に出た。航行する巡視船の横には津波で流された家が浮かんでいた。陸上では、石油タンクが燃えていた。当時の光景は今も目に焼き付いているという。潜水士たちに…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文926文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集