メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11年3月11日の星空 再現したプラネタリウム番組、全国で投映

倒壊した阿部任さんの自宅をCGで再現した映像。番組内で映し出される=仙台市天文台提供

 <大停電によって地上の灯(あか)りがいっせいに消えた時、光を増した夜空の星たち。(中略)不安と喪失の闇の中で、星空だけは明るく、美しく地上を照らしていました>――。仙台市天文台は東日本大震災の起きた2011年3月11日の夜空を描いたプラネタリウム番組「星よりも、遠くへ」を制作し、9日から全国で投映される。番組に出演する被災者は「あの日の星空を他の被災者とも共有できた」と語る。【滝沢一誠】

 「星よりも、遠くへ」は宮城県内や岩手県陸前高田市で被災した7人のエピソードをもとに構成。当時の再現…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです