メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2、次は最大のミッション 人工クレーターを作る衝突装置投下に挑む

小惑星リュウグウへの着陸成功後の会見で喜びを語る津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(中央)、左が照井冬人・主幹研究開発員、右が佐伯孝尚・プロジェクトエンジニア=相模原市中央区で2019年2月22日、永山悦子撮影

 小惑星「リュウグウ」への最初の着陸を完璧に成し遂げた探査機「はやぶさ2」。成功後、津田雄一・プロジェクトマネジャーは「この成功で、私たち人類の可能性を強く感じたり、人類はもっとできるのではないかという希望につながったりしてほしい」と話した。そして、4月初め、はやぶさ2ミッションの最大のハイライトであるリュウグウ表面に人工クレーターを作る衝突装置の投下運用に挑むことが決まった。小惑星への衝突実験は世界初、できたクレーターへ着陸して小惑星の地中の物質を採取できれば、それも人類初の成果となる。そこで、新たな挑戦につながる最初の着陸成功の背景、そして衝突実験の見通しをまとめた。

 はやぶさ2は2月22日午前7時29分10秒、人類として初めて小惑星リュウグウの表面に触れ、計画通りに弾丸を発射し、リュウグウの物質を目標量採取することに成功したとみられる。津田さんは22日の記者会見で、その源泉として「チーム力」を挙げた。

 リュウグウの表面はでこぼこだらけで、着陸に適した平らな広い場所はどこにもなかった。佐伯孝尚・プロジェクトエンジニアは「なぜブルドーザーを持って行かなかったのかと後悔するほどだった」と、冗談交じりにリュウグウ攻略の難しさを話していた。さらに、着陸を目指す領域を細かく調べると、はやぶさ2にとって一番微妙な、安全に着陸できるかどうかの境目となる高さ60~70センチの岩が多く、チームでは「もっと高い岩ば…

この記事は有料記事です。

残り4078文字(全文4687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  2. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  5. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです