メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2、次は最大のミッション 人工クレーターを作る衝突装置投下に挑む

小惑星リュウグウへの着陸成功後の会見で喜びを語る津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(中央)、左が照井冬人・主幹研究開発員、右が佐伯孝尚・プロジェクトエンジニア=相模原市中央区で2019年2月22日、永山悦子撮影

 小惑星「リュウグウ」への最初の着陸を完璧に成し遂げた探査機「はやぶさ2」。成功後、津田雄一・プロジェクトマネジャーは「この成功で、私たち人類の可能性を強く感じたり、人類はもっとできるのではないかという希望につながったりしてほしい」と話した。そして、4月初め、はやぶさ2ミッションの最大のハイライトであるリュウグウ表面に人工クレーターを作る衝突装置の投下運用に挑むことが決まった。小惑星への衝突実験は世界初、できたクレーターへ着陸して小惑星の地中の物質を採取できれば、それも人類初の成果となる。そこで、新たな挑戦につながる最初の着陸成功の背景、そして衝突実験の見通しをまとめた。

この記事は有料記事です。

残り4398文字(全文4687文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです