メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復元・門司港駅、幻想的に 10日開業控え前夜祭

 1914(大正3)年建築のJR門司港駅(北九州市門司区)が10日、6年以上に及ぶ保存改修工事を終えて「グランドオープン」する。9日は前夜祭としてライトアップの点灯式があった。カウントダウンの合図で点灯されると、105年前の創建当時の姿に復元された重厚な木造2階建て駅舎が照らし出され、幻想的な雰囲気…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです