メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川内、最後の埼玉ユニホーム「いい走りで区切りを」 びわ湖毎日マラソン、10日号砲

レースでの健闘を誓う川内優輝(左から2人目)ら招待選手たち=大津市で2019年3月9日、猪飼健史撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」シリーズの「第74回びわ湖毎日マラソン」(毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)は10日、大津市の皇子山陸上競技場発着のコースで行われる。9日は有力選手の記者会見があり、「最強の公務員ランナー」の川内優輝(埼玉県庁)は「2時間9分台前半のタイムを目標に頑張れたらいい。3番以内が目標」と力を込めた。

 4月からプロに転向する川内は埼玉県庁のユニホームでラストランとなる。「最後となると感慨深い。いい走…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです