メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人はなぜ痴漢をするのか 男たちが語る加害者の心理、日本社会の病理

「痴漢」について語り合う斉藤章佳さん(右)と武田砂鉄さん=さいたま市で中川聡子撮影

 人はなぜ痴漢をするのか――。大都市圏の満員電車で頻発する悪質な性暴力について、性犯罪の加害者治療に取り組む精神保健福祉士の斉藤章佳さんと、メディア論や芸能批評の分野で活躍するライター・編集者の武田砂鉄さんの男性2人が縦横に語り合うユニークなイベントが開かれた。話題は加害者の心理にとどまらず、日本社会の病理に及んだ。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 このイベントは、埼玉県男女共同参画推進センターがさいたま市内で2日に開いた「メンズプロジェクト講座…

この記事は有料記事です。

残り2938文字(全文3166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです