メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

やっぱりスープラはレースありき! LM-GTEに続き新型スープラGT4が登場した理由を直撃

情報提供:カートップ

やっぱりスープラはレースありき! LM-GTEに続き新型スープラGT4が登場した理由を直撃

続々公開されるスープラだがジュネーブではGT4を展示

 ジュネーブショーのプレスカンファレンスは15分置きのスケジュールでひっきりなしに行なわれるので、すべてを追う事は事実上不可能である。そんななかトヨタは、「デジタルプレスカンファレンス」と呼ばれるウェブサイトでのプレゼンテーションを実施。時間を気にすることなく内容を知ることができるので非常に助かった……。

スープラ

 トヨタブースの注目は新型スープラだ。日本でも大阪オートメッセでの右ハンドル(日本仕様)の公開以降、GRガレージでの先行展示会なども行なわれているが、今回はレーシングカーのスタディモデル「GT4コンセプト」をお披露目。開発はドイツ・ケルンにあるTMG(トヨタモータースポーツ有限会社)が担当している。

スープラ

 市販モデルの素性を活かしながらレーシングモディファイが行なわれ、エクステリアはフロントにディフューザー、リヤに大型リヤウイング(共にカーボン製)をプラス。インテリアは不要なアイテムが取り外されロールケージやフルバケットシート(OMP製)などがプラスされるが、インパネまわりは市販モデルから大きく変更されていない。

スープラ

 パワートレインは市販車同様に3リッターの直列6気筒ターボ+8速ATの組み合わせだが、制御系のアップデートが実施される。シャシー系はサスペンションやドライブシャフト、デファレンシャル、ブレーキ(ブレンボ)、安全タンク、アルミホイール(OZ製)、レーシングタイヤ(ピレリPゼロ)などを採用。ちなみにボディサイズは全長4460×全幅1855×全高1250mm(ノーマルは全長4390×全幅1865×全高1290/1295mm)だ。

スープラ

 ちなみに昨年のジュネーブショーには、同じレーシングコンセプトながらLM-GTE仕様が展示されていたが、今回はGT4である。このあたりの経緯についてチーフエンジニアの多田哲哉さんに聞いてみた。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです