メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

シャコタンもいいけど今どきは……クルマのカスタムで流行の「アゲ系」とは

情報提供:カートップ

シャコタンもいいけど今どきは……クルマのカスタムで流行の「アゲ系」とは

じつは昔からあったカスタマイズの手法

 クルマの車高は低いほうがエライ! ということでエアサスを使ってボディを“着地”させるようなカスタムがある一方、車高を上げる「アゲ系」も増えていることは、大阪オートメッセなどのカスタム系カーショーを眺めていると明確な事実として感じられる。

アゲ系

 ショーに展示されているカスタムに「アゲ系」が増えている。シャコタン(言わずもがな、車高を低めるチューニング)がカスタムカーの基本と思っていると、急に増えてきたアゲ系は新しい手法と思ってしまうかもしれないが、そうでもない。昔からクロカン4WDなどに大きなタイヤを履かせるリフトアップ、ビッグフットといったカスタムは存在している。

アゲ系

 日本でもRVがブームになった1990年代にはリフトアップした4WDがカスタムの最前線として流行ったこともある。アメリカのエンタメ系モータースポーツである「モンスタートラック」にインスパイアを受けた子供向けのラジコンやおもちゃを見かけることもあるだろうが、そうしたスタイルをストリートで表現する手法は以前からあったのだ。

 一方、近年のトレンドとして特徴的なのは軽トラや軽1BOXをベースにしたものが目立っていること。アメリカンなリフトアップのような威圧感もなく、どこかチョロQ的でかわいいシルエットが人気を呼んでいる。

アゲ系

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです