メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

「災害弱者」支援に課題 障害者対応、浮き彫り 専門性高い施設求める声、強く /北海道

 全国初の全域停電に見舞われた昨年9月の胆振東部地震では、人工呼吸器など電気が命綱となっている障害者への支援のあり方や障害者対応ができる「福祉避難所」の受け入れで山積する課題が浮き彫りになった。半年を経た現在も取り組みは進まず、専門性の高い受け入れ先の新設を求める声も強まっている。【日下部元美、安達恒太郎】

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです