メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北の至宝

道内の文化財を訪ねて 小樽駅 最先端の技術凝縮 地形の高低差利用 /北海道

 JR札幌駅から電車に乗り込み約30分。色とりどりのリュックを背負った大勢の観光客が降り立った。道内でも指折りの観光地・小樽の玄関口である小樽駅は、1日約9400人が利用し、JR北海道の中でも7番目に乗降客の多い駅だ。レトロなランプが輝き、吹き抜けのホールがモダンな駅舎は、当時の最先端の建築技術で建設され、2006年、国の登録有形文化財となった。【源馬のぞみ】

 小樽駅3代目となる現駅舎は、運河や港町があり、ゆるやかな下り坂が続く北側を向く。背後には小高い丘が…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです