メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北の至宝

道内の文化財を訪ねて 小樽駅 最先端の技術凝縮 地形の高低差利用 /北海道

 JR札幌駅から電車に乗り込み約30分。色とりどりのリュックを背負った大勢の観光客が降り立った。道内でも指折りの観光地・小樽の玄関口である小樽駅は、1日約9400人が利用し、JR北海道の中でも7番目に乗降客の多い駅だ。レトロなランプが輝き、吹き抜けのホールがモダンな駅舎は、当時の最先端の建築技術で建設され、2006年、国の登録有形文化財となった。【源馬のぞみ】

 小樽駅3代目となる現駅舎は、運河や港町があり、ゆるやかな下り坂が続く北側を向く。背後には小高い丘が…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです