メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「家族のレシピ」上映始まる 高崎が舞台 市長「映画のまちに」 /群馬

 高崎が舞台となった日本・シンガポール・フランス合作映画「家族のレシピ」(エリック・クー監督)の日本公開が9日、始まった。上映館のシネマテークたかさきでは高崎市の富岡賢治市長が舞台あいさつ、高崎駅西口の大型商業施設「高崎オーパ」の飲食店では映画にちなんだ料理「ラーメン・テー」がメニューに加わった。

 舞台あいさつで市長は、2016年にシンガポールで開かれた「高崎ものづくりフェア」が映画製作のきっかけだったことや、シンガポ…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです