東京大空襲

記憶たどる 74年のきょう、21人の証言集刊行 炎に包まれ、逃げた道筋地図に /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京大空襲から74年がたった10日、その日の体験を収めた証言集「あのとき子どもだった-東京大空襲21人の記録」が刊行される。当時、3歳から14歳だった21人の脳裏に刻まれた光景や、今だからこそ語れる言葉が詰まっている。【竹内麻子】

 1945年3月10日未明、米軍機が東京上空に来襲。台東区や墨田区などの下町を中心に32万発の焼夷(しょうい)弾を落とす。街は焼き尽くされ、約10万人が死んだとされる。

 証言集を刊行するのは「東京大空襲・戦災資料センター」(江東区)。本では、逃げ惑う中で両親とはぐれた恐怖、遺体で覆われた隅田川の川面を見たショックから、しばらく言葉を発せなくなった経験が語られる。家を守れと命じた「防空法」がかせとなり、家に残った13歳の兄が命を落としたことなど、21人それぞれが体験を明かしている。その一人は、この本の完成を見ずに亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文761文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集