メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

歴史体感して 市学芸員・佐々木さん、遺跡を学ぶ「小田原の石切」本 /神奈川

 小田原の戦国時代から江戸時代にかけての変遷を「石工」という職人の視点で捉えた「戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡」(新泉社刊)が出版された。「遺跡を学ぶ」シリーズの一つで、著者は、戦国時代の庭状遺構が出土した小田原城跡「御用米曲輪(くるわ)」の発掘調査を担当した小田原市学芸員、佐々木健策さん(45)。「ガイドブックとして現地を訪れてもらい、歴史を体感してくれれば」と話している。

 小田原では戦国時代、箱根火山が生み出した安山岩を用いて石製品が造られた。中央火口丘の安山岩は粘性で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです