メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

歴史体感して 市学芸員・佐々木さん、遺跡を学ぶ「小田原の石切」本 /神奈川

 小田原の戦国時代から江戸時代にかけての変遷を「石工」という職人の視点で捉えた「戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡」(新泉社刊)が出版された。「遺跡を学ぶ」シリーズの一つで、著者は、戦国時代の庭状遺構が出土した小田原城跡「御用米曲輪(くるわ)」の発掘調査を担当した小田原市学芸員、佐々木健策さん(45)。「ガイドブックとして現地を訪れてもらい、歴史を体感してくれれば」と話している。

 小田原では戦国時代、箱根火山が生み出した安山岩を用いて石製品が造られた。中央火口丘の安山岩は粘性で…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです