メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重点道の駅

大野に21年度開業 モンベル、県内初出店へ /福井

福井県大野市が整備する重点道の駅「結の故郷」(仮称)のイメージ図=同市提供

 大野市は、2021年度の開業を目指す重点道の駅「結(ゆい)の故郷(くに)」(仮称)の施設概要を明らかにした。アウトドア用品メーカー大手「モンベル」(本社・大阪市西区)が県内で初めて出店し、大野をアウトドアを楽しむ拠点としてPRする。

 中部縦貫自動車道から県内に入る東の玄関口、大野東インターチェンジ(仮称)にほど近い大野市蕨生に整備する。敷地面積は4万9137平方メートルで、モンベルは鉄骨平屋建て(延べ床面積5082平方メートル)の…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです