メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士登山競走

歩み後世に 体協元役員・渡辺さん編集着手 1948年、男子の山頂コースのみで開始 /山梨

過酷な競技「体系的に伝えたい」

 富士吉田体育協会の前専務理事、渡辺悟さん(70)が「富士登山競走」(富士吉田市主催、富士吉田体育協会、毎日新聞社など共催)の70年余の歴史を振り返る編集作業を進めている。「日本一の富士山に挑む登山競走というスポーツを歴史として残したい」としている。【小田切敏雄】

 渡辺さんは富士吉田体協の50年記念誌の編集にも携わった。経験を生かして、新聞記事や市の文献から、大会の記録や出来事を拾い集め、編集作業を進めている。

 物資が不足していた戦後の1948年に富士吉田駅(富士山駅)前をスタート地点として始まった大会は当初…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです